自立のために赤帽で引越し

最近になって一人暮らしを始めました。

今までは実家に住んでいたのですが、会社から家が遠かったのと、
自立のために始めました。

ちなみに引越しは横浜の赤帽にお願いしました。私の住んでいる地域ではさほど、
家賃も高くないので一人暮らしをしてもまだなんとかなります。

一人暮らしをするにあたって、まずは物件を見に行く必要がありました。

インターネットで物件を探したり、
実際に住みたい場所の近くにある不動産屋さんを見に行ったりしました。

決めるときはやはり最寄り駅や、トイレとバスが別であること、近くにスーパーなどがあることや、
日が当たる部屋であることなどなどこだわるべきことがたくさんありました。

しかし最終的にはこの部屋に住みたい、ここでやって行きたいと思える部屋を借りることにしました。

条件だけでなく、雰囲気や直感も大切だと思います。今まで一人暮らしをしていなかったので、
家具を無印良品で購入しました。一人暮らし用の家電が揃っていて便利だなと思いました。

セットで購入できるところを探すことが大切だと思います。

一人暮らしを始めて、ちゃんと自炊もしています。

仕事で疲れてなかなかできない日もあるけれども、できる範囲で頑張っています。

なるべく冷凍保存できるものを作ったり、食材にコストがかからないよう努力しています。

また一人暮らしは寂しいなと思います。友人がよく泊まりにきてくれるので、楽しく過ごすことができます。

今後は家具やインテリアにこだわっていきたいと思います。そのために節約を心がけたいと思っています。

お部屋選びは慎重に

これは私が横浜で賃貸マンションを探していたときに実際にあった出来事です。

横浜市内のとある不動産屋さんに行き、幾つか提案されたのち、
「どれが良いですか?」今すぐ決めると○○プレゼントがありますので、
今日中に決めると良いですよ。と言われました。

正直、プレゼントも欲しいですのでそこに決めようかと思ったのですが、
写真だけではなんだか不安だなあと思い、かなりの説得を振り切り、後日下見をお願いしました。

そして後日、2軒の下見をさせてくれるとのことでしたので、案内してもらうことになりました。

まず一軒目、そこは半地下があるタイプのお部屋でした。

ですが、そこには写真に全く写っていなかった部分があったのです。

どこかというと、入り口玄関の横でした。

なんと、思いっきりガラス窓があり、そのそばには自転車が止まっていたのです。

ガラス窓の場所には半地下のお部屋がありました。

つまりは、決して安全が確保されているようには見えなかったのです。

そして二軒目です。「ペット不可」というお部屋でしたが、
入り口で「ん?」という臭いを感じました。

案内してくれた担当者が一言「最近まで人が住んでいたんですが、
あれ~猫か何か飼っていた様子あるなー」明らかに動物的な臭いでした。
っというか、担当者もその辺はしっかりチェックしないのか??と不満に思いつつ下見を終え、
結果その2部屋は見送りました。

あのとき急いで下見しないで決めていたらということを思うと恐ろしいです。

ぜひお部屋選びは慎重にしてくださいね。

そして、引越しは簡易的にお安く出来る業者があります。

赤帽もその1つ。とっても気軽に頼める金額になりますよ。

初めての一人暮らしと横浜への引越し

私は大学を卒業して就職を機に実家を出て一人暮らしすることになりました。

いままで親元で暮らしてきたので、何かと不安はありましたが、同時に開放感を感じたのも確かでした。

一人で横浜の物件を見に行き、納得のいく金額の家賃の物件を何件も見て
さがし値下げ交渉などもしつつようやく物件を決めました。

物件探しの次は、大型の家具等をそろえました。

学生時代にアルバイトしていて貯金していたお金があったのですが、
一から揃えるとなると結構な出費になり貯金はほとんど無くなってしまいました。

いよいよ引越しということになり、引越し会社を調べ何件か見積もりを出してもうらうことにしました。

単身の引越しだとどこもそんなに高くはなかったのですが、
家具等を揃えてお金がほとんどなかっので1円でも安くしたいと思いました。

やはりCMなどで名前のきいたことがある有名な引越し会社だと、
作業が丁寧で梱包サービスなど充実していて便利なのですが、
それなりの料金がかかることがわかりました。

名前を聞いたことがなく安い引越し業者もありましたが、サービスはほとんどなく
ただ運ぶだけという感じでした。

時間の指定もできず、引越しの日の準備の目どがたてにくく少し不便だなと思いました。

赤帽はその点移動の距離と荷物の量で料金が決まるという明確な料金設定で、
時間の指定もでき荷積みなどを手伝って時間が短くなればその分料金が安くなるとのことでした。

赤帽に見積もりの料金を出してもらったところ、かなり安い料金だったのと、
電話での対応がとても親切でスピーディーだったので赤帽で引越しをすることに決めました。

無事に横浜への引越しを終え、今は充実した一人暮らしを楽しんでいます。

初めての経験ばかりでしたが、すべてが順調だったのでよかったと思います。

人生3度の引越し

仕事の都合、今までに3回程引越しをしました。

最初の引越しは転勤の為、横浜の実家から地方のアパートへの引越しでした。

引越しの経験がなかった為、業者探しや準備に時間がかかりました。

荷物も一家族分あり、大型トラックのある業者への依頼となりました。

また、子どもの幼稚園のこともあり苦労したこと、出費が多かった事を思い出します。

2度目は、転勤先で子どもが生まれたため、
最初のアパートが狭くなりすぐそばのチョット広いアパートへの引越しでした。

その時は、引越し予定の一週間前から少しづつ準備し、
運べるもは友人から軽トラックを借りて運んでいたため、かなり経費を節約できました。

また、引越し当日も会社のみんなから手伝ってもらい、大変ありがたかったです。

そして、3度目は横浜の実家に帰る時でした。

その頃には、子どもも3人になりアパートの中の家具やおもちゃなど
引っ越してきた時の倍以上の荷物になっていました。

しかし、2度の引越しでだいぶコツをつかんだ為、
大きい物以外は数回に分け自家用車で運び、また壊れにくいものは、
親類からトラックを借りて運んだため、最初のように大型トラックの必要はなく、
赤帽さんの軽トラックですみました。

引越しする度に、食器類等壊れやすい物を新聞紙でくるんだり、
近くのスーパーなどからダンボールを調達したりといろいろ工夫したり、
準備をしながら家族喧嘩になったりと苦労もありましたが、いまではいい思い出です。

横浜へ単身引越した経験談

以前同棲していた相手と別れることになったため、単身引越しをすることになりました。 1年ほど前までは都内に住んでいたため、都内に戻るか、また同じ横浜市内で引っ越すか悩んだのですが、なんとなく横浜が気に入っていたため同じ横浜市内で、また引越し先を探すことにしました。

都内から引っ越すときは、単身引越しで2万円ほどで引越しが出来たため、今回も同じ単身引越しだし同じくらいで引っ越せるかなと考えていました。 賃貸住宅検索サイトにていくつか気になる単身者向けの物件を検索し、その中でも気に入った物件に引っ越すことにしました。

引越し業者にも単身引越しで見積もりを出してもらったのですが、近い日程を指定したためか前回よりも割高に…。 同じ単身引越しでも値段って変わるものなんだと実感しました。 私の場合、冷蔵庫やテレビなどの大型家電もなく、ダンボールが20箱のみの引越しだったのですがそれでも変わるものなんですね。

引越しは日にちに余裕を持って計画するべきものなのかと勉強になりました。 おそらくどこであろうと引越しの基本料金は変わらないかと思いますが、やはり土日は多少なりとも高く設定されますね。

横浜は都内よりもごみごみしていない感じがするので住みやすく、単身引越しならそんなに高くない費用でも引越しできるかなと思います。 (どこであろうと単身引越しなら荷物が少ないので料金は高くないのかもしれませんが。) 今は結婚したため今後単身引越しをすることはないですが、この先また引っ越したりする場合は横浜で探そうと思います。